お腹を抱える妊婦

限界の理解

赤ちゃん

年齢と相関する可能性

不妊治療を行うにあたって、女性の年齢と相関する可能性が妊娠のメカニズムには存在することを理解しておくことは欠かせません。
芸能人が女性の高齢化によって起こる妊娠機能の障害に関する発言によって社会問題に発展した事件はまだまだ風化していませんが、その障害にあたる現象が女性の妊娠メカニズムには存在します。
女性が保有する卵巣は、卵子を保存することができる能力を持つ器官です。そして、卵巣が保存する卵子の品質は、年齢にともなって低下する傾向にあると指摘されています。
活きの良い卵子が保存している卵子中に存在しなくなってしまえば、その分受精卵として着床できる能力は自然と低下します。
それが、高齢出産が難しい理由の一つである、卵子の品質の問題を生みます。
残念な現実ではありますが、卵子は生まれた時から本人と一緒に歳をとって、その結果妊娠できる元気がなくなっていくことがあることは男女ともに理解しておく必要があります。
そして、そこで問題となるのがAMHと呼ばれる数値です。
卵子の保有数を表すAMHは、不妊治療において卵子の数を知ることに繋がり、どれだけ可能性のある卵子が見つけられるか、という点を測定するために欠かせません。

年齢との関係性

不妊治療において欠かせない、卵子が妊娠できるのかどうかという能力と、AMHに見られる卵子をどれだけ保有しているのかという数値。
これらは、いずれも年齢に応じて低下していきます。
そこで注意しておきたいのは、AMHの数値が高いからといって不妊治療が必要ないわけではないことと、反対にAMHが低ければ不妊治療が必ず必要というわけではないということです。
あくまでもAMHは、自分の卵子の保有量を測定するための指標です。
AMHが高くても、受精卵になることができない卵子ばかりであれば不妊治療が必要です。
反対に、AMHが低くても、受精卵になることができる乱視があるなら不妊治療を行わずして妊娠に成功できる可能性があります。
あくまでも、不妊治療を検討するにあたっての一つの指標として利用できる数値が、AMHという卵子の量を表す数値です。
自分自身の妊娠の可能性を知るために、子作りを意識した人生設計において調べておきたい数値です。