お腹を抱える妊婦

二人にあり得る問題

女性

多くの原因は女性側

不妊治療が必要になる夫婦を統計的に分析してみると、子どもができないことは多くの場合、女性が原因になっていると見られます。
それは、女性が卵巣で生成する卵子の状態がいいか悪いかによって左右されたり、卵管や子宮に異常が生まれていたりすることで着床が正常にできないなど、女性にとって考えられる問題点が男性よりも多いからです。
男女比で言えば、全体の4割が女性側に何かのトラブルが起きているケースで、男性や両方に問題があるケースは2割ずつです。
女性ばかりに責任を押し付けることはよくありませんが、この現実を受け入れて前に進むことは非常に重要です。
女性にも、男性にも、いずれにも不妊治療が必要な可能性がある。だからこそ、不妊治療は女性にとって重要であるばかりでなく、男性にとっても重要であるといえます。

男性側の異常

不妊治療を受けることは女性にとって欠かすことができませんが、男性側の異常についても目を向けて男性が受けることも欠かせません。
妊娠できない夫婦において男性が問題となるケースは、例えば精巣に原因がある無精子症が該当します。
また、精巣からペニスまで繋がる管に問題があることも懸念されます。
そういった、器質的な問題があるときには自力で解決することができない上に、不妊治療をきちんと受ける必要があります。
加えて、男性の性機能は精神的な理由によっても正常に働かなくなることがあります。
勃起不全が見られるようなケースであっても、不妊治療として勃起改善のためのカウンセリングが必要です。
女性ばかりに問題を見出すのではなく、こういった異常が男性にある可能性も考えると、二人で不妊治療を受けることはとても大切だと再認識できます。